のびのび散歩

ちび太と姉たちの折り合いは、イマイチのまま

日中の姉たちは、納戸部屋と砦(トイレと食事)
ちび太は、居間と日本間
境目の天の岩戸は、かたく.....閉ざされて。

居間とキチンの間の扉が常時閉のため、不便なのはヒトたち


夜は、ちび太が日本間のケージの中
姉たちは、居間と納戸をいったりきたり。


最近、ちび太は居間の外の階段上の廊下にでるようになった。
絶対に階段をおりない、ビビリ。
で、食事時には、廊下にだされることが多い。

だって、食器をもって天の岩戸を通過するのは、骨がおれるし
何回かは、足もとをすりぬけた、ちびたんが姉たちを襲ってしまうので。
(姉たちが教われるぅ~って大騒ぎになるのだけれど)

ちびたんには、まったく悪気なく、遊びたいばかりで走っていくけれど、
姉たちにはたいへんご迷惑なこと


昨晩は、居間と廊下の間の扉がすこーーし開いていたらしい。
その前にちびたんが、廊下にいたので。


夜、1階に降りると、暗がりから白っぽいかたまりが走りでて、一目散に
階段を駆け上がり。

そのまま、開いていた扉から居間に飛び込んでいった。
ふ~む、みめ子にちがいない。



しばらくすると、洗濯ばぁさんが「きりちゃんが1階の別の部屋にいたわよ」と。
納戸部屋では、11人いる!じゃなくて、1猫足りない!って状態だったらしい。

けっこう警戒心強くて、びびりかと思えば、大胆不敵、夜ののびのび散歩



今朝のふたりは、ちゃっかりとフリースの上に乗って
「指、嗅んであげてもいいわよ」モードでした。

昨夜は、夜の散歩だったねぇ...には、誰が???って。